令和4年度『キリン・地域のちから応援事業』『キリン・福祉のちから事業』

助成金

弊財団は、地域に根付く小さな福祉活動を支援するため、公募による助成を行っています。令和4年度も「キリン・地域のちから応援事業」および「キリン・福祉のちから開拓事業」の2種類の公募の申込みを開始します。

応募期間

令和3年9月10日(金)~ 10月31日(日)

助成期間

令和4年4月1日(金)~ 令和5年3月31日(金)

助成詳細

キリン・地域のちから応援事業

公益財団法人キリン福祉財団(理事長 三宅 占二)は、地域に根づく小さな福祉活動として、地域やコミュニティを元気にするさまざまなボランティア活動を応援する「キリン・地域のちから応援事業」の募集要綱を決定しましたので、下記の通りご案内申し上げます。

助成対象となる事業

障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子どもなどの福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。災害の復興応援および防災や公衆衛生(新型コロナウィルス感染拡大防止への取り組み)に関しても広く募集します。なお、ボランティア活動の実施に伴う衛生資材(マスク・フェースシールド・消毒液など)も、助成対象の経費として計上できます。

※ここでの「ボランティア活動」は、自発的・自主的・利他的に行われる無償の活動を指します。

  1. 子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの
    子ども・子育て世代が主体となって実施する活動
    地域やコミュニティの子ども・子育て世代を元気にする活動を応援します。
  2. シルバー世代の福祉向上に関わるもの
    高齢者が知識・技術・経験を活かして実施する活動
    地域やコミュニティの高齢者を元気にする活動を応援します。
  3. 障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
    障害のある人や困りごとを抱える人・それらを支える人(病気や困りごとを抱える人の介護者や応援者も含みます)が主体となって実施する活動
    地域やコミュニティの障害のある人や困りごとを抱える人・支える人を元気にする活動を応援します。
  4. 地域やコミュニティの活性化に関わるもの
    既存の自治活動やお祭りから一歩進んだまちづくり、新たな繋がりを創りだし地域やコミュニティを元気にする活動、共生社会を創る活動、災害復興、公衆衛生などの活動を応援します。

助成対象とならない事業

  1. もっぱら自分たちの楽しみを目的とする趣味の集まりや同好会の活動。
  2. 申込の事業が行政から委託・補助・助成を受けている活動。
  3. 企画・運営を包括的に他の団体などに委託した(申込団体と運営団体が異なる)事業。
  4. 物品購入のみの事業申込(活動への助成を趣旨としたプログラムのため。活動で必須な物品の購入については認めますので、企画書にその活用方法について記載下さい)。

助成対象となる団体

  1. 4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
    ※NPOなどの法人格の有無、および活動年数は問いません。
    ※障害者・高齢者・子ども・地域活性などを推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。
  2. 連絡責任者は満20歳以上であること。
    ※年齢は令和4年4月1日現在の満年齢とします。

助成金額

1件(一団体)あたりの上限額30万円です(プログラム助成総額4,700万円)。原則として単年度助成です。

※審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
※助成金については、令和4年5月末までに全額を一括でお支払いいたします。
※申請された事業に対しての自己資金の有無は問いません。
他詳細・申込書ダウンロード
【現在受付中】令和4年度 キリン・地域のちから応援事業 公募助成のご案内 | 公益財団法人 キリン福祉財団
キリン福祉財団の「令和4年度 キリン・地域のちから応援事業 公募助成のご案内」をご紹介します。

 

キリン・福祉のちから開拓事業

公益財団法人キリン福祉財団(理事長 三宅 占二)は、長期的な視点で全国や広域にまたがる社会的な課題の解決に取り組むボランティアを応援する「キリン・福祉のちから開拓事業」の募集要綱を決定しましたので、下記の通りご案内申し上げます。
なお、本公募は全国や広域(複数の都道府県)にまたがる取り組みが対象となります。地域内(一つの都道府県内)での活動は、「キリン・地域のちから応援事業」にてお申し込み下さい(申し込み受付期間は同一)。

助成対象となる事業

障害者福祉分野、高齢者福祉分野、児童・青少年健全育成分野、地域社会福祉分野のボランティア活動を、長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている次のような団体に対して助成します。

※ここでの「ボランティア活動」は、自発的・自主的・利他的に行われる無償の活動を指します。

  1. 障害者の福祉向上に関わるもの
  2. 高齢者の福祉向上に関わるもの
  3. 児童・青少年の福祉向上に関わるもの
  4. 地域社会の福祉向上に関わるもの

上記の、社会課題・問題を直接解決するための取り組み、啓発活動、政策提言やアドボカシー、ネットワークの構築・拡大、組織強化、人材の育成、技術や技法の研究、実践のための調査や研究、モデル化、生活環境をより良いものにするための保全・保護活動、等が対象です。

助成対象とならない事業

  1. 活動が全国もしくは広域(複数の都道府県)にまたがっていない事業。
  2. もっぱら自分たちの楽しみを目的とする趣味の集まりや同好会の活動。
  3. 申し込みの事業が行政から委託・補助・助成を受けている活動。
  4. 企画・運営を包括的に他の団体等に委託した(申し込み団体と運営団体が異なる)事業。
  5. 物品購入のみの事業申し込み(活動への助成を趣旨としたプログラムのため。活動で必須な物品の購入については認めますので、企画書にその活用方法について記載下さい)。

助成対象となる団体

  1. 10名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
    ※NPO等の法人格の有無、および活動年数は問いません。
    ※障害者・高齢者・子ども・地域活性等を推進する団体、それらを支援する団体のどちらでも助成対象とします。
  2. 連絡責任者は満20歳以上であること。
    ※年齢は令和4年4月1日現在の満年齢とします。

助成金額

1件(一団体)あたりの上限額は100万円(プログラム助成総額500万円)です。
原則として単年度助成です。

※ただし、取組の領域や内容が喫緊なものであること、活動の継続が必要である等と判断されるものについては、選考委員会・理事会での審議を経て最長3ヶ年助成を延長することがあります。
また、当財団が取り組む計画助成に移行し中長期での助成についても検討します。
※審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
※助成金については、令和4年5月末までに全額を一括で支払います。
※申請された事業に対しての自己資金の有無は問いません。

 

他詳細・申込書ダウンロード
【現在受付中】令和4年度 キリン・福祉のちから開拓事業 公募助成のご案内 | 公益財団法人 キリン福祉財団
キリン福祉財団の「令和4年度 キリン・福祉のちから開拓事業 公募助成のご案内」をご紹介します。

 

お問合せ先

公益財団法人 キリン福祉財団 事務局(北村・太田)
TEL:03-6837-7013  FAX:03-5343-1093
Eメール:fukushizaidan@kirin.co.jp

 

 

タイトルとURLをコピーしました